×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

YANO MUSIC FESTIVAL2013
2013.9.15

セットリスト
1.Oh Oh Oh (未発売)

2.PING&PONG 

3.マルガリータ(未発売/新曲)

4.クレイジーサマー

5.Red Light, Blue Light ,Yellow Light
台風が接近中の9月15日。加賀フェスには行けなかったワタシにとっては今日は久々のヤスです。

なかなか開場が始まらず、開演も30分近く押してのフェス開始。
台風の事もあるし、終わった頃外がどうなっているか不安で加えて既に待っている間に体力も消耗していて
「早く見て早く帰りたい」な気分・・・。

でもオープニングの南波志帆ちゃんが出てきた瞬間、待ちつかれていたのが吹っ飛ぶ。
CDでの歌声しか知らなかったけど、喋り声もカワイイ!
志帆ちゃんは3曲歌いましたが、そのうち一曲は兄提供曲の「
プールの青は嘘の青」だ!
キリンジファンから歓声が上がりました。

志帆ちゃんによる唯一の物販「矢野水」に対する強烈なステマの後、レーザー光線の後に突如現れるチアリーダーの女子達。そして突然の
「ドリフ大爆笑」のテーマに乗って矢野P登場!
ざわめきと笑いの中、今度は
「夜ヒット」の調子で出演ミュージシャンの歌を数珠つなぎ。
その最後に登場したのがマイクを片手に持った
「一億二千万人の弟」堀込泰行!(笑)
太陽とヴィーナス」を歌うヤス。でもいつもと違うスタイルのせいなのか、まだ本調子が出ていなかったのか、本来の「太陽とヴィーナス」に聞こえなかったというか・・・なんか他の人のカラオケを聞いているような気分になりました。

全員が揃い、オープニングが終わると一番手にヤス!
セッティング完了までのつなぎを矢野さんと始め、短パン姿をいじられる。
この日の衣装は加賀フェスの時とほぼ一緒だったようですが、最近のヤスは四十路過ぎから膝小僧も出していく方針のよう。
「今までのオトウト性から小僧性を・・・まあグレードダウンしてますけど」
確かに(笑)
そして始まりは「
Oh Oh Oh
この時はヤスの歌声の安心感と、同時に感じる寂しさで複雑な気持ちの中にいました。
でも次の「
PING&PONG」の出だしをトチり「ここで本当はこんばんはって言うつもりで、でもさっき登場したしいいかなと思って始めようとしたら電源入れてなかった」という通常営業のヤスにほっとする。
「去年の4月・・・じゃなかった(と間違えていた)、今年の4月にキリンジというバンドを抜けまして、そこからしばらくのんびりしていたんですが、ぼちぼち楽曲提供したり自分の曲も作ったり・・・で今日に間に合いました」という近況報告からの新曲「マルガリータ」。
加賀フェスでの情報では失恋ソングだと聞いていましたが、曲調はポップで前向きになれそうな雰囲気。歌詞をよく知りたいのでCDに期待です。
そして突然、もう歌わないと思っていたキリンジ曲「
クレイジーサマー」!
始まるや否やところどころからすすり泣く声が。膝から崩れ落ちていた女子の姿も。
ワタシも感動的でした。
「もう少し残暑が厳しければ良かったんですが・・・」とヤス。でも短パンは死守した模様。上はカーディガンを最後まで死守していて、暑いのか寒いのかわからない感じに・・・。
そして最後には「
Red Light, Blue Light ,Yellow Light
ここで次の秦基博さんにそのままバトンタッチ・・・かと思いきや、突然
「アイ」のセッション!
これは秦君ファンからも絶賛だった模様。最後のハモりもしっかりキメた!
ここでまた急に寂しくなりましたよ・・・兄とじゃなくても素晴らしいハーモニーが作れる事に。
誰でもいいわけではないんでしょうが、2人のハモりはすごくて鳥肌たちました。

ここでヤスが今度こそハケるのかと思いきや、矢野さん交えてまたまたトークタイム。
3人で飲みに行った話になったのですが、実はヤス、この時初めて店予約したらしいです。
今までどれだけ他人に仕切ってもらっていたのかこの次男坊は!
途中で酔って寝て、秦君が寝だしたら今度は起きて矢野さんと交代で話をしたそうです。

ヤスのエピソードのおとぼけぶりに脱力しながらパワフルな他ミュージシャンの演奏に盛り上がる。
土岐麻子さんに
「どっちが上手(かみて)だっけ?」と尋ねた話や、Tシャツを短く切ってアレンジした土岐さんに対抗して乳首が見えるか見えないかの衣装にしようかなと言ってみたり(これにはキリンジ時代にはクリーンなイメージを保ち続けてきたヤスのびっくり発言(笑)兄の下ネタに圧倒されて言えなかっただけなんですかね・・・?)

楽屋で堂島孝平さんに向かって
「堂島君ってコロッケみたい。・・・うん、やっぱりコロッケみたい(確信)」というネタも披露され、本日のヤスかなりオイシい立場でした。(堂島君のことがその時からコロッケにしか見えなくなった)

公演も3時間半になり、ワタシの足腰も限界になりかけてましたが、最後は出演者全員での
「ヤングマン」これは踊らないとでしょう!
だってヤスが、あのヤスが!!!ニコニコしながら踊ってるんだから!
「Y!M!C!A! Y!A!N!O!」って!
振り付け自体はへろへろしていたけどとても楽しそう。
しかも一節歌ったよヒデキを!(しかし声が甘すぎて合わない・笑 ざわめく客)
今日は初めて目の当たりにするものが多くてすごいな・・・こんな楽しいフェス、夢のようだな・・・。
とぼーっとなっていた時、更なる奇跡が起きました。

出演者によるサインボールが客席に次々と投げ込まれるという、最後までベタな演出に大ウケしていたら、ワタシの足元にひとつボールが転がってきました。
普段こういうものを取った試しがないのでそれだけでもおーっと思ったんですが、拾い上げる途中でこのサインボールがヤスのものだとわかり、びっくり。
よしざわ、頭真っ白。
呆然としながら矢野フェスが終わりました。
「ワタシ明日死ぬのかな・・・?」とか思いました正直(笑)
今回初めて行った矢野フェスでしたが、ものすごい楽しくて最後に奇跡も起きて最高の時間でした。
来年また開催されたら、堀込さんが出る出ない関係なく行きたいなぁ。

最後に、これがゲットしたボールです。

大切にします(感涙)!!!


MUSICTOPにもどる